top of page
小さな缶詰工場

CANメーカーのご紹介

小さな缶詰工場の花形機器、浪速工作所が独自開発した、

世界初(当社調べ)小ロット多品種対応の缶詰巻締め機「CAN-MAKER(カンメーカー)」をご紹介します。

缶詰を販売する際、きちんと真空になっているか、蓋は密封されているか、第三者機関は判断しません。

販売した缶詰が万が一菌が繁殖するなど事故が起きた場合は製造元が責任を取らなければいけません。

バキュームシーマーこそ、精度の高いものを選ぶ必要があります。

コンピューターで制御され1台で10種類の缶詰に対応できる
唯一のバキュームシーマー

カンメーカー

缶詰は食材を入れ、真空状態にして封をし、加熱殺菌する事により

完成します。缶詰生産において最も複雑で重要な設備が、この

「バキュームシーマー」です。

CAN-MAKERは、唯一コンピューター制御された次世代型バキュームシーマー。初めて缶詰を生産する方にも簡単に扱う事ができます。

CAN-MAKER(カンメーカー)

​「あっ!」と言う間に缶詰が出来上がる!他社比12倍!!

わずか5秒で缶詰完成の衝撃

従来(他社様)の巻締機器では、一つの缶詰を締めるのに、約1分ほどの時間を要するものが主流でした。

しかし、弊社のCAN-MAKERでは、なんと、わずか5秒12倍速の速さで、缶詰を作り上げます。

​製造スピードが早くなることで、製造効率の向上や人件費の削減にもつながるので、缶詰製造において、その巻締めの速度は、事業の成功確率を大幅に向上させるものになります。

販売後も安心の超密封性能

食品の鮮度を保つミクロの技術

缶詰は容器と蓋をバキュームシーマーで巻き込んで閉める構造になっています。巻締め部の精度はとても細かく、±0.03㎜の誤差範囲内を求められる部分もあります。

 

CAN-MAKERは、第三者機関のチェックを受け、精度を確認して販売しています。

密封OK
密封NG

缶詰サイズの変更も楽々設定!

多様な缶詰サイズを簡単登録

従来のバキュームシーマーは缶サイズ替えの際、エンジニアに機械を調整してもらう必要がありました。

CAN-MAKERは、10種類の缶サイズのデータを入れる事で、ボタン操作でサイズ変更が可能です。

缶詰のサイズ

必要な微調整やメンテナンスが簡単

難しい技術は必要ありません

安全に使い続けるために、微調整が必要になります。

従来のバキュームシーマーは微調整する場合、機械を分解する必要がありました。CAN-MAKERは数字を入力するだけで調整が可能です。またお客様でメンテナンスができる「メンテナンス実習プログラム」をご用意しており、安心して生産できます。

簡単な画面操作
比較表
​本体寸法
​横幅:109mm 高さ:145mm 奥行:53mm
​本体重量
​約359kg
電 源
三層200V 30A 2.2KW(コンセント250V30A一般形)
対応缶径
直径40mm〜120mm 高さ:20〜150mm
※丸缶のみ容器切替時は要部品交換
生産能力
5〜6缶/分
※バキュームの設定により変わります
bottom of page