top of page
小さな缶詰工場

あなたの"店"の”街”の美味いもんを
​缶詰にして世界へ届ける。

小さな缶詰工場
manupre.png
缶詰

​小さな缶詰工場とは?

自慢の素材・料理を缶詰にして
新しいルートで販売していただけます。

あなたの街や、あなたのお店で扱っている「あの商品」を、缶詰にして世界中のお客様に販売していただけます。

「小さな缶詰工場」は最新の設備を整えた缶詰工場を、そのままパッケージで導入・運営していただくことができます。

​工場を持つと聞くと難しそうな話ですが、「小さな缶詰工場」は全てがパッケージ化されているので、省スペースで小さく始めていただけます。

缶詰工場の流れ
缶詰工場
缶詰の食材

自社で缶詰工場を持つメリット

​自社で運営される缶詰工場なので、OEM製造と比較して、「小ロット」「多品種」での製造が可能になり、製造単価も大きく下げることができます。

​また、設備投資という観点からの節税対策にもつながります。

小ロット
低単価
多品種
節税
補助金助成金
小さな缶詰工場は補助金を活用できます

事業再構築補助金をはじめ、
​様々な補助金・助成金の採択に向けお手伝いいたします。

小さな缶詰工場を導入いただくにあたり、事業再構築補助金(最大8,000万円の補助)など、新規事業に値して交付される様々な助成金や補助金をご活用いただけます。

弊社では、補助金事業者に採択されるように、事業計画資料の作成など、助成金申請に必要な作業をご支援させていただきます。

補助金助成金
補助金の打ち合わせ

お打ち合せ

事業の方向性や計画など、補助金獲得にあたってのお打ち合わせをさせていただきます。

補助金の資料作成

資料作成

事業計画書など、申請に必要な書類を作成させていただきます。各種見積もりの作成もします。

補助金が採択される

採択

提出した書類に問題がなく、適正と判断されると、補助金の採択が決定します。

補助金で事業開始

事業開始

​各種見積もり等の精査後、機器を導入いただき、実際に事業が開始いただけます。

補助金の入金

補助金の入金

事業再構築補助金は、事業実績を報告し精算後2週間〜2ヶ月を目安に入金されます。

※上記のフローは手順を簡素化しています。実際にはさらに多くの準備が必要になります。

​その全てにご支援させていただきますので、ご安心ください。

​小さな缶詰工場でお悩み解決!

食品(素材や加工品)を取り扱うすべての業種の方々や、街おこしを担う地方の自治体、各種組合の方々に至るまで、

「小さな缶詰工場」が解決できるお悩みは数多くございます。

農家の悩みを缶詰で解決

「農家さん」のお悩みとその解決方法

悩み

規格外サイズの野菜など、正規の出荷に対応できない農作物が多く、困っている。

解決

​地域の食品加工業者さんや、飲食店さんとのコラボレーションで、小さな缶詰工場を運営することで、規格外野菜を無駄なく販売いただけます。

「漁業の方」のお悩みとその解決方法

悩み

漁獲量には波があるので、不漁の時など売り上げが安定しない。

​常に安定した売り上げを確保したい。

解決

大漁の時などに缶詰として加工製品として販売することで、漁獲量に左右されることのない安定した売り上げを確保いただけます。

漁業の悩みを缶詰で解決
飲食店んお悩みを缶詰で解決

「飲食店の方」のお悩みとその解決方法

悩み

地域のお客様に好評の料理をなんとか全国の方に味わっていただきたいが、冷凍食品には抵抗がある。

解決

​缶詰の場合、常温保存が可能なので、冷凍による味の変化がございません。手軽にお店の味を全国に広げていただけます。

「組合や自治体の方」のお悩みとその解決方法

悩み

名産品など、食の魅力に自信はあるが、それを広める手立てがない。

​缶詰も検討したが多品種を展開したいのでOEMではコストが高くなる。

解決

小さな缶詰工場はメニューを変えて一缶からでも製造可能です。

多くの名産品を観光客や全国の方にお届けすることができます。

自治体の悩みを缶詰で解決
缶詰工場

缶詰にする価値・メリット

常温三年保存

缶詰製品は熱処理を施し、真空状態で保管できますので、常温で3年間保存することができます。

冷凍食品のように長期間冷凍することによる味の変化等もございません

バリエーション豊かな贈答品としても、喜ばれます。

また、その保存期間から災害等の非常時にも重宝します。

缶詰の概念を変える「高級志向」で単価アップ

缶詰というと「気軽に食べられる」「安い」「非常食」のイメージが強いかと思います。

しかし、近年、「缶詰でしか食べれない高級食材」が大きなブームになっています。

​コロナ禍ではそれが一層顕著になり、ギフト需要も合わせて、「高級缶詰」の市場が大きく賑わいを見せています。

参考記事

私たちのサービス

私たちは、小さな缶詰事業を開始されるにあたって、設備を導入して終わりではありません。

計画段階から携わらせていただき、補助金の採択や、出来上がった商品の販売促進に至るまで、

一貫してサポートをさせていただきます。

工場立ち上げ支援

缶詰工場完成後にすぐ生産できるよう、立ち上げ前と後で缶詰の試作(無制限)、実際の工場での製造体験、機器操作研修を実施し、スムーズな立ち上げを支援します。

缶詰試作サービス

缶詰にしたら味や食感はどうなるのか?弊社(大阪府堺市)で試作体験可能です。体験費用は半日5万円、1日10万円(税別)缶数に制限なし。ご契約済(工場立上中)以降は無料です。

缶詰製造コンサル

味しい缶詰を製造する為のノウハウ・販売する為には何をしていけばいいか様々な課題をお客様にお教えいたします。

マーケティング販売コンサルサービス

美味しい缶詰を作れば、売れるわけではありません。SNSでアップしたから売れるわけではありません。売る為には様々な手段が必要です。売れる仕組み作りもご支援します。

補助金作成支援

補助金を利用して缶詰工場を始められるお客様も数多くおられます。補助金作成のご支援も受けたまっております。

実際の小さな缶詰工場

小さな缶詰工場は約5坪の屋内敷地があれば導入可能です。

弊社が導入させていただく機器以外に、様々な機器や設備をまとめてご提案させていただくこともできます。

小さな缶詰工場

小さな缶詰工場設備機器

バキュームシーマー

バキュームシーマー

空気を抜きながら、缶詰の蓋をする装置

レトルト殺菌装置

レトルト殺菌装置

缶詰を高温殺菌する装置

印字機

印字機

缶詰に賞味期限や製造年月日を印字する装置

蒸気殺菌庫

蒸気殺菌庫

容器の殺菌・原材料を蒸す事が出来る装置

恒温機

恒温機

殺菌されているか判断したり、賞味期限を調べる装置

​小さな缶詰工場の導入事例

CAN BRICKのロゴ

舞鶴の高級缶詰の専門店「CANBRICK」様

地元で水揚げされる海の幸を使った缶詰専門店「CAN BRICK(カンブリック)」は、早朝の港に直接買付し、漁師さんが獲った新鮮で旬の魚から素材を厳選。

そのまま舞鶴の自社工場(小さな缶詰工場)で、すべての工程を手作業で丁寧に加工されています・・・・・・・・

CAN BRICKの商品
Canpachiのロゴ

愛媛県の高級缶詰の専門店「Canpachi(カンパチ)」様

愛媛の食文化を外に向けて発信したいと考えた時に、一番利点があるのは「缶詰」でした。商材としてはすごくメリットのある物ですし、長期保存も効いて味の劣化もなく、コンパクトにまとまって持ち帰りやすく、作りやすいサイズ感であると思います・・・・・・・・・

Canpachiの商品

​小さな缶詰工場のよくある質問

  • Q 小さな缶詰工場を始めるのに、費用はいくらかかりますか?
    建屋の広さ、作りたいメニュー(必要な厨房機器)、作りたい数量により様々ですが、 おおよそ2,000万円~、プラス建屋改装費です。 大切なのは収益性ですので、そこも併せてご説明いたします。
  • Q 小さな缶詰工場では、どこまで支援いただけるのですか?
    缶詰製造に必要な機器の販売のみをすることが目的ではなく、機器を導入して新たな事業を開始いただくこと、利益を出していただくことが目的です。 したがって、機器の操作方法や商品の作り方以外にもマーケティング、販売支援などお客様のご要望に添うサービスを提供しています。
  • Q OEMでの缶詰製造を受託いただけますか?
    中身の内容、数量等によりお受けできる可能性もございます。 商品のイメージをお聞かせください。
  • Q 機械のリースやレンタルは可能ですか?
    弊社は直接リースを行っておりませんが、リース会社様のご紹介は可能です。 レンタルは基本的にはお受けしておりません。 理由は、工場レイアウト設計やノウハウの研修も行いますので長期的に取り組んでいただきたいためです。
  • Q 実際に小さな缶詰工場を見せていただくことは可能ですか?
    製造している時は、立ち入り禁止となり見ていただくことができませんが、 工場の貸し切りや製造していない時等、条件付で見学可能なケースがあります。
  • Q 缶詰にしたいメニューはありますが、味など想像通りになるか心配です。
    試作体験が可能です。 缶詰ができるまでを体験し味を確認してからご検討いただけます。 体験費用は半日5万円、1日10万円、食材の郵送の場合は3万円(すべて税別)にて承ります。 体験ではスタッフもご一緒しますので、ワイワイしながら楽しみましょう。
  • Q どんなメニューにするか、どこに販売するかなど相談できますか?
    もちろんです。「なんとなく缶詰やってみたい!」から事業化され、成功されたお客様もいらっしゃいます。 お客様の地域等に適したメニューや戦略を一緒に考えさせていただきます。

​新着コラム

bottom of page